女性ホルモンの1つ、エストロゲン

加齢とともに気になる薄毛や抜け毛。薄毛や抜け毛の原因は、同じく加齢とともに減少していく女性ホルモンと深い関わりがあることはご存知でしょうか。
女性ホルモンの1つでもあるエストロゲンは髪の生成や成長を促進する作用があります。
そのためエストロゲンが減少してしまうことで、髪が十分に成長しなくなったり途中で成長をやめてしまうようになるのです。
特に更年期や出産などで抜け毛や薄毛といった症状が出てしまうのも、ホルモンバランスが大きく乱れ、女性ホルモンが著しく減少してしまうことが原因となっています。

エストロゲンが発毛を促すしくみとは

エストロゲンが髪の生成や成長を促す働きをするということはわかっても、どのようにして発毛を促すのかまではわからないことが多いと思います。
実は、エストロゲンは体内にあるタンパク質に直接作用しています。
私たちが摂取した栄養素はそのまま髪にいくわけではなく、きちんと分解されてから各組織に届けられるのです。つまり、いくら髪に良いからといってタンパク質を大量に摂取しても、それを分解できなければ髪の組織となることはありません。
エストロゲンは発毛を促すタンパク質の1つであるBMPを作る働きがあるので、エストロゲンがあればあるほどそれだけ発毛は促され、逆にエストロゲンが少ない状態であればどんなに栄養を摂取しても発毛を促すタンパク質を生成してもらえなくなってしまいます。
そのため、運動や食事に気をつけていても、女性ホルモンが足りないがためになかなか発毛に効果が出てこないということが考えられるわけです。

エストロゲンを補うことで発毛が促進される

日頃から口にしている栄養素をきちんと発毛を促すタンパク質に変換してもらうためにも、エストロゲンを増やすしかありません。
逆にエストロゲンが減少したままではいくら栄養を摂取しても髪のもとにならないままとなってしまうのです。栄養を摂取しても意味がないというわけではないのですが、発毛に直結しなくなってしまうので、食事では特に女性ホルモンに似た作用のある食べ物を積極的にとっていくようにしたいですね。
女性ホルモンに似た作用のある食べ物といえば、豆腐や大豆製品といったイソフラボンが有名です。
エストロゲンの減少で、せっかく摂取した栄養を発毛に活かせないのではなかなか薄毛対策になりません。
体の内面からのケアは育毛において非常に大事ではありますが、摂取した栄養をきちんと髪のもととして変換できるかどうかまで考えて食事をするとより効果的に発毛を促すことができるでしょう。